LibreOffice Portable

LibreOffice Portable 4.2.4

USBメモリーで持ち歩ける!Microsoft Officeと互換性のある無料のポータブルオフィススイート

LibreOffice Portable(リブレオフィス ポータブル)は、無料オフィススイートのLibreOfficeを、USBメモリーなどの外部メディア(外部記憶装置)からでも使えるようにした無料ポータブルオフィスソフトです。ワープロや表計算、プレゼンテーションソフトなどを外出先のPCで使えます。PC上にはデータを残さないので、セキュリティ面でも安心です。外出先での会議書類の修正やプレゼンテーション資料の変更などにもすぐに対応できます。 完全な説明を見ます

賛成票

  • 無料オフィススイートのLibreOfficeをUSBメモリーなどで持ち歩き、他のPCで使用できる
  • PC上にデータを残さないのでセキュリティ面で安心
  • 全言語版は日本語をはじめとした50以上の言語に対応

反対票

  • ポータブル対応のJAVAソフトをUSBメモリーにダウンロードしなければならない
  • システムの状況によって起動しないときがある
  • ドキュメントによってはマクロがうまく動作しない場合がある
  • 全言語版は容量が大きくダウンロードにある程度の時間が必要になる

とても良い
8

LibreOffice Portable(リブレオフィス ポータブル)は、無料オフィススイートのLibreOfficeを、USBメモリーなどの外部メディア(外部記憶装置)からでも使えるようにした無料ポータブルオフィスソフトです。ワープロや表計算、プレゼンテーションソフトなどを外出先のPCで使えます。PC上にはデータを残さないので、セキュリティ面でも安心です。外出先での会議書類の修正やプレゼンテーション資料の変更などにもすぐに対応できます。

LibreOffice Portableは、無料オフィススイートLibreOfficeをUSBメモリーなどから起動できるように改良したものです。基本的な機能にはLibreOfficeと同様、「文書ドキュメント」「表計算ドキュメント」「プレゼンテーション」「図形描画」「データベース」「数式」の6つのオフィスソフトが有ります。Microsoft OfficeスイートのWord、Excel、Powerpoint、Accessなどのドキュメントとの高い互換性や、機能の拡張性が魅力です。また作成したドキュメントをワンクリックでPDF形式に変換できることも特徴の1つです。初期設定のままでPDF変換機能を利用できるのは類似ソフトOpenOffice.org Portableにはない強みです。

LibreOffice Portableには、17言語対応の通常版と50以上の言語に対応する全言語版の2種類が用意されており、どちらも日本語の表記に対応しています。幅広い国々の人々とやり取りが多い人には全言語版がお勧めですが、800MBのディスク容量を必要とするため、ダウンロードにある程度の時間がかかります。

LibreOffice Portableの使用にはJAVAが必要です。USBメモリーにJavaPortableなどのポータブル対応のJAVAソフトをダウンロードしなければなりません。またシステムの状況によって起動しないときがあります。Microsoft Officeで利用されている一部のマクロがうまく作動しなかったり、ドキュメントによってはレイアウトがうまく表示できないこともあります。

LibreOffice Portableは、オフィススイートを持ち歩くことを実現した無料のポータブルソフトです。

LibreOffice Portable

ダウンロード

LibreOffice Portable 4.2.4